日々の修理一覧

2021年01月13日
Huawei Mate 30 Pro 画面割れ交換修理
Huawei Mate 30 Pro 画面割れ交換修理
Huawei Mate 30 pro 破損部拡大
Huawei Mate 30 pro 破損部拡大
Huawei Mate 30 Pro リアパネル破損
Huawei Mate 30 Pro リアパネル破損

いつもスマートまっくすをご愛顧頂き、誠にありがとうございます。
スマートまっくす代々木駅前店 修理担当の久保田です。
この度のご依頼はHuaweiの最新上位モデル「Mate 30 pro」の画面割れによる表示不良のご依頼です。

ハードウェア、カメラ、スペックのいずれにおいても最高峰のハイエンドモデルとなっており、実売価格は約13万円ほど。。。価格も最高峰となっております。

Mate 30 proのディスプレイは約6.3インチのフルHD+(2,400×1,176)の有機ELディスプレイを搭載しており、左右のベゼルを感じさせない曲面ディスプレイを「ホライゾンディスプレイ」とHuaweiは呼称しています。

どれをとっても非常に良い機種なのですが、難点はやはりGMS(Google Mobile Service)が搭載されていないので、Google Play Storeからアプリをダウンロードできません。
割り切って使う方にはアリですが、今後の利便性を考えると「う~ん。。。」となってしまいますね。

さて、そんな最高峰スマホさんも衝撃にはとても弱く、表面ガラス、リアパネル共に割れて破損しております。
有機ELパネルまで破損しているため、表示することが出来ず、真っ暗な状態になっています。
このままでは正常に使う事は出来ず、データを取り出すことも出来ないため、破損してしまったディスプレイを交換していきます。
スマートまっくすでは即日修理対応機種です!

Huawei Mate 30 Pro 分解開始!
Huawei Mate 30 Pro 分解開始!

分解開始!

Huawei Mate 30 Pro リアパネル分解
Huawei Mate 30 Pro リアパネル分解

毎度思う事ですが、10万円を超えるようなスマホは初手が一番緊張します。
また、パネルの強度向上やデザイン性から、リアパネルに切り欠きがついているモデルが増えつつあるのですが、切り欠きの所からパキッといってしまわないか、心配になります。
今のところ、そうなった事はありませんが・・・。

Huawei Mate 30 Pro 分解中
Huawei Mate 30 Pro 分解中

基板を抑えているプラケット(ワイヤレスコイル)がネジ止めされているので、取り外します。
無駄のない設計の内部が見えてきます。

Huawei Mate 30 Pro 基板取り外し
Huawei Mate 30 Pro 基板取り外し

続いてメイン基板、カメラを外してディスプレイが外せるように準備します。
破損したディスプレイを取り外し、古いテープを除去の上、アルコールクリーニングを行い、新品ディスプレイユニットを取り付けます。

ディスプレイ圧着は慎重に

Huawei Mate 30 Pro ディスプレイ圧着
Huawei Mate 30 Pro ディスプレイ圧着

ディスプレイをしっかり圧着します。
この時フレームとの間に隙間が出来ていないか確認の上、フレームに圧着します。コンマ1mmの異物が入ると、液晶破損を招きますので、十分に注意が必要となります。

Huawei Mate 30 Pro 再組上げ
Huawei Mate 30 Pro 再組上げ

ディスプレイ交換後、元の状態に組み戻します。
基板をフレームの中に戻すときも丁寧に戻さないと、破損する可能性もあるので、大事に取り扱いします。

データそのままで修理完了です!

Huawei Mate 30 Pro データそのままで修理完了!
Huawei Mate 30 Pro データそのままで修理完了!

以上で修理完了です。
破損した箇所のみを交換し、基板はそのままですので、データは全てそのままの状態でお渡しすることが出来ました。
これで今後も快適にご利用頂けるかと思います。

10万円を超えるようなスマホを2回も3回も買うわけにはいかない以上、修理をするか、新しく安いものに買い直すかの2択になるかと存じます。スマートまっくすでは適正な修理価格を設定し、安価に直すことが可能ですので、お困りの際は是非一度お問合せ下さいませ。

今後ともスマートまっくすをどうぞよろしくお願いいたします。

修理費用はこちら

Huawei Mate 30 Pro

ガラス割れ、表示不良、タッチ操作不良等
  • データそのままでOK
  • 修理後の保証もバッチリ
  • 作業時間 約60分~
  • ご来店の方は料金表より1,000円OFFです!

ご依頼はこちらから

スマートまっくす代々木駅前店

JR代々木駅西口改札から徒歩15秒!
新宿駅からでも徒歩10分の好アクセスです。

 所在地 東京都渋谷区代々木1丁目32-12 HOUWAビル5階
 営業時間 10:00~20:00(年中無休)
 TEL 0120-881-990

スマートまっくす 銀座ファイブ店

JR山手線「有楽町駅」から徒歩3分、
東京メトロ丸ノ内線「銀座駅」から徒歩15秒の好アクセスです。

 所在地東京都中央区銀座5丁目1番先 銀座ファイブ2F
 営業時間10:00~20:00
(定休日:1月1日、2月・8月第3月曜日、12月31日)
 TEL0120-881-560
2021年01月11日

年始早々からスマホ修理に多くのお客様のご来店並びに郵送での修理ご依頼を心より御礼を申し上げます。今年もスマートフォン修理、タブレット修理を通じて社会に貢献致してまいりますのでどうぞ宜しくお願い致します。

さて、今回ご紹介の修理ご依頼は、防水防塵かつ頑丈なタフネススマホ au TORQUE G02を誤ってお湯の中に落下され、電源が入らなくなったので直して欲しいというご依頼内容です。

では早速基板チェックを!

基板の腐食確認、チップ焦げなどを大型モニターと高性能マイクロスコープを用い徹底的にチェックし、腐食があればIPA(イソプロピルアルコール)で除去、そして電気ショートで破損したチップがあれば交換を行います。

丁寧かつ慎重に分解します。

左から外側バックパネル、ディスプレイユニット、基板、内側バックパネル。防水防塵タイプのスマートフォンは設計も複雑で部品点数も多い為、分解自体に経験と技術力が必要となります。

基板実装されている電源スイッチフレキシブルケーブルに、水没の影響でスイッチが効かない不具合が見つかりましたので、純正品から同部品を取り外し交換し電源スイッチのON/OFFが動作するようになりました。

基板下部が腐食しています。

年代物の防水スマートフォンによくある事ですが、基板下部やSIMカードスロットのコネクタキャップは、パッキンゴムの経年劣化で水が浸入しやすくなりますので、たとえ防水ケータイであってもハードな使用は禁物です。

最終動作チェックを行い無事修理完了!

sm_icon

スマートまっくす エルティ932店

JR草津駅改札から徒歩1分の好アクセス。
学校帰り会社帰りにとっても便利♪

 所在地滋賀県草津市大路1-1-1 エルティ932 2F
 営業時間10:00〜20:00(年中無休)
 TEL0120-881-678

Galaxy,xperia,zenfone,nexusなどの修理料金はこちら

スマートまっくすグループは総務省登録修理店です★
電波法/R000025 電気通信事業法/T000025
対象機種 Xperia Z5 SO-01H登録
MRR 携帯端末登録修理協議会 会員

代々木駅前店

0120-881-990
営業時間 10:00~20:00

 

銀座ファイブ店
0120-881-560
営業時間 10:00~20:00 

大阪梅田店
0120-881-993
営業時間 10:00~20:00  

 

エルティ932店
0120-881-678
営業時間 10:00~20:00